知りたい中小企業

知りたい中小企業

こんにちわ。ようこそ知りたい中小企業へ

このサイトは高い技術力を持っている日本の中小企業のことを色々と調べて紹介しているサイトです。

中小企業とは

この社会には、色々なジャンルの仕事が存在しますね。世界で名前が知られた会社や、その地方の商店街にしかないお店まで沢山あります。ではよく聞く事があるであろう。中小企業っていいったい何で、どんな企業の事を言うのでしょうか?

少し調べてみると中小企業にはいくつかの定義があってそれに当てはまるものが中小企業、その定義を超えるものを大企業という感じでは無いかと思います。中規模以下の企業の事ですね。

またサービス業や小売業、製造業などの色々とある職種によってもその定義が違ってくるようです。細かい定義は下で紹介しますが、資本金の額であったり、そこで働く従業員の数であったりで決まっているようです。日本のほとんどが中小企業で日本の高い技術力を支えて来たのもこの中小企業とされているようです。

中小企業の数が、ほとんどと言うとピンと来ないと思いますが、実際にはどのくらいの数なのでしょうか?実際に数字に表してみると、なななんと約430万社もあるそうです。しかしこの数字だけを見ても、あまりにも数が多すぎて想像が付かないですし、全体でどのぐらいの数の中に中小企業の約430万社なのかもわからないので凄いかどうかわかりません。しかしこの数は、日本の企業の数の99.7%を締める数なの出そうです。確かに日本の企業のほとんどが中小企業と言われる程の数ですね。

しかもこの数字からもわかりますが、この数ですからその雇用も多く、7割は中小企業からの雇用なんだとか、そんな日本の企業の骨組みのような中小企業です。調べて見ると色々と面白いことがありそうです。

中小企業の定義

大きく中小企業とは言っているけれど、では実際に中小企業って何かと聞かれると、細かく中小企業の事を説明をしようとするとなかなかわからない事もあります。実際、私は説明出来ません。ので実際に中小企業と言うとどういうものなのか、その定義を調べて見たいと思います。

製造業の場合には、出資総額が3億円以下で従業員の数が300人以下の会社が中小企業の範囲だそうです。

これを見ると、従業員が300人もいるのに中小企業なのかと思ってしまいそうですね。そして卸売り業の場合には、出資総額1億円で従業員が100人までなんだそうです。他には小売業は5000万円で従業員が50人以下、サービル業は総出資額が5000m万円で従業員100人以下などがあるようです。

またこれらに載っていない業種でも決められているものもあるようなので、気になるジャンルの会社がどのような振り分け方をされて今はどうなっているのかを見てみるのも楽しいのでは無いでしょうか。これがの中小企業基本法第2条だそうです。これによって定義がきめられているんですね。ではこの中小企業で色々と中小企業の事を見ていきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

ファッション関連の事業について、説明しています。

セレブレーション

美味しいお茶の専門店です。

プーアール茶 ティーバッグ